トイレのトラブル

朝おきて、トイレをすませ、外出をし、帰宅をしたら、水の音がトイレから聞こえ見に行った所、上か水がジョージョー流れでていて、自分でマイナイスドラバーで水が出てくる所を閉め、タンクをあけてみたら、水が全然たまっていなくて、最初に丸い浮きがあるのをみて浮いていなくて、次のチェーンがついている何かが見えてので、それを少しいじったら、それがタンクのしたのふただったのか、水がたまってきて、なおった「やったー」と思ったのですが、数回に一回は流れぱなしになっていたので、賃貸物件な為、不動産に電話をかけ故障内容をつたえ「業者を手配します。」といわれ、その日もうちに東京トイレつまり業者にきてもらいました。
業者の人「もう、浮いている浮きも古いし、下のふたも古いから一応取り替えておきます。」と作業をしてもらい、水の流れはスムーズに止まるようになりました。
しかし、流す時に[大・小]で水の流れる量が違っていてのに、修理した後は、どっちを流しても流れる水量がかわならなくなっていて、適当にしかなおしていかたなったことに気分が悪い感じです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です