トイレのトラブル

朝おきて、トイレをすませ、外出をし、帰宅をしたら、水の音がトイレから聞こえ見に行った所、上か水がジョージョー流れでていて、自分でマイナイスドラバーで水が出てくる所を閉め、タンクをあけてみたら、水が全然たまっていなくて、最初に丸い浮きがあるのをみて浮いていなくて、次のチェーンがついている何かが見えてので、それを少しいじったら、それがタンクのしたのふただったのか、水がたまってきて、なおった「やったー」と思ったのですが、数回に一回は流れぱなしになっていたので、賃貸物件な為、不動産に電話をかけ故障内容をつたえ「業者を手配します。」といわれ、その日もうちに東京トイレつまり業者にきてもらいました。
業者の人「もう、浮いている浮きも古いし、下のふたも古いから一応取り替えておきます。」と作業をしてもらい、水の流れはスムーズに止まるようになりました。
しかし、流す時に[大・小]で水の流れる量が違っていてのに、修理した後は、どっちを流しても流れる水量がかわならなくなっていて、適当にしかなおしていかたなったことに気分が悪い感じです。

トイレの便座が突然割れてしまい焦ってしまった

自宅の洋式トイレの便座が何の前触れもなく、いきなり破損してしまった為、驚いてしまいました。

設備屋へと頼めば、それに応じた方法で治してくれるのですが、この分の費用が絶対に掛かってしまいます。

そのお金が勿体ないと感じていた為、水道会社に依頼するのは止めて、自力で解決する事にしました。

真っ二つに折れていた左側の便座を、最初は市販のガムテープで巻き付け、強引に固定していました。

暫くすると自らの体重でまた壊れてしまい、完全にお手上げ状態となりました。

水道局へと止むを得ず連絡を入れ、千葉水漏れ指定工事店を紹介してもらい、新品の便座に取り替えてもらいました。

初めからこうしておけば、無駄な時間や労力を費やす必要がなく、簡単に改善させられたので情けなくなりました。

しかし新品へと交換した為、ストレスを抱く事なく、毎日快適に使用出来ています。

このトラブルから学んだ事は、トイレの不具合とは素人の力で対処するのは限界がある為、設備屋にお願いする事が賢い選択法だと言う事です。

トイレが詰まった!

お知り合いを拭き終わってトイレの水をながそうとレバーをひねると、「ん?」何だかいつもと違い水が徐々に貯まっていく!もちろん便器の中にです。かろうじてあふれずに止まったのですが、「さて、どうしよう?」
①自力でなんとかする。
②家族の助けを借りる。
③業者を呼ぶ。
②については、散々に怒られてジリキでするはめ込になるので却下。
③については、他人に恥じをさらして料金も取られて家族にも怒られて②より最悪なので却下。
よって①でなんとかするしかないと!まず名前は忘れたが、棒の先にゴムがついた物(知っている人わかると思う)で押してみた。これは水がそんなに貯まってなければ非常に有効だけど、今回は水があふれる寸前なので飛び跳ねてしまうのでダメでした。次は細長い棒を持ってきてそれで突いてみました。するとわずかに「ボコボコ」と泡が上がってくるではないですか。「やった!」と思ったのですが、なかなかその先が進展せず30分くらい便器の中を突いていました。だんだんと気分も悪くなるし、涙目でした。その時急に「ボコボコボコボコ」と凄い音がしたら、一気に水が流れたのです。「やった!よかった!」と小躍りして喜んでいる場合ではなく、汚れた床や便器をまた20分くらいかけて吹き上げました。

トイレの給水菅が…

朝、寝起きにトイレいきますよね。
「さぁて今日も仕事だぁ」と朝一番のトイレ。少しだけ、小走りに駆け込みました。
用を足し一息…今日やる事を頭の中で整理し立ち上がろうとした瞬間です。
ん?寒いからかなぁ…足元がかなり冷たく感じ見てみたら!
給水菅から水がダラダラと垂れているじゃないですか。
これは、不味いと直ぐにトイレを流そうとしたら!
全く反応無し…なんだぁ?これは?
タンク内の水は無く流せないのです。朝から、踏んだり蹴ったり。我が家は、昔懐かしの平屋一階建てトイレは水洗ですが昔の懐かしさを感じる古い佇まいです。
犬を飼っているのと、固定経費は減らしたい理由からこの物件に引っ越して来て半年です。
初めての冬到来プラス大寒波…
寒いなぁとは、感じてはいましたが給水菅が凍結するとは。
タンク内の水は深夜にトイレに行った際に使用してしまっていた為流せない状態になってました。
直ぐに石油ストーブの上に乗っているヤカンから、お湯をタンク内に補給しトイレを流しファンヒーターをトイレ内に1時間置き流れるようになりましたが。
寝坊をしていたら、妻にドヤされる所でした。
以降トイレ内に、小さなファンヒーターを置いてあります。
給水菅が破裂等をしていなかったのが不幸中の幸いでした。

トイレのつまりに要注意

トイレのトラブルと言えば、我が家で頻繁に起こるのが、トイレのつまりですね。
我が家は、新築一戸建てで購入し、暮らしはじめてから、今年で10年が経過します。
10年たちますが家的には、まだ新しい感じがします。
トイレは一階と二階にひとつずつあります。
我が家のトイレでよく起こるのが、息子が大便をした時には、詰まる確率がかなり高いです。
息子は体質上、軟便らしく、一旦トイレに入るとかなり長いのです。
長い時には、一時間もトイレに入りっぱなしになっています。
一度にする大便の量が異常なまでに多く、よく詰まらせてしまいます。
その度に、つまりを取り除くのは私の役目です。
息子は中学生ですから、自分で詰まらせたものは、自分でなんとかしてほしいものです。
トイレの水流自体は決して弱くはなく、下水にも全くこれまで問題はありません。
使い方に問題があるので、こまめに水を流すことと、大量にトイレットペーパーを使わないことを
注意しています。