トイレの水が出しっぱなしに

うちのトイレは、特に大便で水を流すと「出しっぱなし」になります。
もう二十年ものか三十年ものかしれません。
だいぶガタが来ているようです。
ために、いったん水を流した後しばらくして、ちょろちょろと水流しレバーを「いじくらない」と「うまく」止まりません。
大の時ですと、本当にドボドボに流れっぱなし状態が続くので、いったん貯水曹のふたを開けてやっぱり「うまく」「いじくらない」となかなかの水の無駄遣いとなってしまいます。
以前は水道局の人あたりが、一人尋ねてきて「漏れてますよ」とご丁寧に教えてくれました。
ありがとうございます。
ただ、慣れてしまうと、そうやって微調整しながらやってゆくのが習慣になってしまいます。
どうにかちょっと気を付け、手間を惜しまなければほぼ損失はでなくなります。
本当なら新規に買い替えた方がいいのかもしれません。
ですが、まあ当分はこれでやっていこうかと思っております。
あるドケチ者のたわごとでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です