洋式トイレのアングルと呼ばれる水洗金具から漏水してしまった

自宅の洋式便所のタンクへと水を注入する止水栓(アングル)から、24時間に渡り水が漏れ出していました。

その問題が発覚したのは、水道局から雇われている検針員の指摘によるものです。

検針員のおばさんから、「水道メーターがいつもより大きな数字となっていますよ」と教えてもらいました。

不安な気持ちになったので、神戸つまり業者を自宅へと招き入れ、洗面所・お風呂場・台所・トイレなどを入念にチェックして頂きました。

この結果便所のアングルと言われる水洗金具から、漏水している事が分かりました。

後から考えて見ると、ここ最近での水道代が異様に高かったような気がします。

その際へとお世話になったスタッフから、「老朽化する事で内部のパッキンがどうしても痛む為、この手の水漏れは必ず起こって来ますよ」と親切に伝えてくれました。

お陰様で漏水トラブルがなくなった為、以降にも水廻りに取り付けられているアングルを、新しい部材へと全て交換する予定でいます。

自分でメンテナンスする方もいるようですが、屋内が水浸しになってしまうと取り返しが付かないので、やっぱり水道会社にお願いするのが1番安心だと言えます。

紙しかつまってないのに、自分では直せませんでした。

トイレに入っていた子供が、半泣きで出てきたことがあります。
トイレを流す時、ポケットに入れていたおもちゃを一緒に落としたと言いました。

便器の中を見ると、トイレットペーパーだけが詰まっている状態で、おもちゃは流れてしまったと思いました。
水も少ししかたまってないし、これなら自分でできると思って、近所の100均でラバーカップを買ってきました。
ラバーカップで何度かやれば、すぐに解消すると思ったのです。

ところが、ラバーカップで何度やってみても直りません。

子供とずっとトイレにいるので、主人が変に思ったらしいです。
修理屋さんを呼んだほうがいいと言われましたが、もったいないと思いました。

水があふれてどうしようもないとかだったら、修理屋さんを呼んでもいいかもしれませんが、紙がつまっただけです。

主人と話しているうちに、子供がトイレを使いたいと言い出しました。
トイレを直そうといろいろ始めてから、けっこう時間が経っていたみたいです。

それでしかたなくて、修理屋さんを呼びました。
10分くらいで直してくれて、おもちゃとトイレットペーパーが一緒に出てきました。
見かけでわかりませんでしたが、おもちゃが変な風にひっかかっていたそうです。

料金は安くはないけど、高くはなかったです。
簡単なつまりに見えましたが、修理屋さんでないと直せなかったみたいです。