洋式トイレのアングルと呼ばれる水洗金具から漏水してしまった

自宅の洋式便所のタンクへと水を注入する止水栓(アングル)から、24時間に渡り水が漏れ出していました。

その問題が発覚したのは、水道局から雇われている検針員の指摘によるものです。

検針員のおばさんから、「水道メーターがいつもより大きな数字となっていますよ」と教えてもらいました。

不安な気持ちになったので、神戸つまり業者を自宅へと招き入れ、洗面所・お風呂場・台所・トイレなどを入念にチェックして頂きました。

この結果便所のアングルと言われる水洗金具から、漏水している事が分かりました。

後から考えて見ると、ここ最近での水道代が異様に高かったような気がします。

その際へとお世話になったスタッフから、「老朽化する事で内部のパッキンがどうしても痛む為、この手の水漏れは必ず起こって来ますよ」と親切に伝えてくれました。

お陰様で漏水トラブルがなくなった為、以降にも水廻りに取り付けられているアングルを、新しい部材へと全て交換する予定でいます。

自分でメンテナンスする方もいるようですが、屋内が水浸しになってしまうと取り返しが付かないので、やっぱり水道会社にお願いするのが1番安心だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です