洋式便所のフロート弁が閉まらなくなり慌ててしまった

先日洋式トイレのタンクの水が全く止まらなくなる、最悪のトラブルに巻き込まれました。

便器自体は問題なく正常だったのですが、水を流し終えても停止する気配がなく、延々と流れ続けてしまう訳です。

有効的な解決策をどうしても発見出来ず、恐らくタンク内の不具合だと思った為、電話帳を調べ水道業者を探し修繕をお願いしました。

これまでにトイレのアクシデントを一度も経験した事がなかったので、実際に起こってしまうとびっくりしました。

その際では2名の職人さんが自宅に訪れ、おかしな所がないか細かく点検してくれました。

タンク内部の水が流れっぱなしだった要因とは、下部に取り付けてあるフロート弁と呼ばれる部材が、長年使い続けて来た影響から劣化してしまい、本来の役割を果たせなく事にありました。

フロート弁を新しい製品に交換してもらうと、水漏れがピタッと治まった為、元通りに上手く戻りました。

現在でも水を問題なく流せているので、水道会社はいざと言う時にやはり頼りになるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です