先日父が亡くなりまして、裏庭にある倉庫[蔵]を整理することになりました。

先日父が亡くなりまして、裏庭にある倉庫[蔵]を整理することになりました。
先代のじいさんから受け継いだ倉庫なので、中にはたくさんの骨董品がありました。
中には戦時中に使ったであろう、軍隊の制服なども出てきて、おじいさんたちの栄光の証なんだなぁなどと妻と話しながら整理していると、そこには畳2畳分くらい大きな屏風がありました。
周りの用紙は薄汚れておりかなり古い物だろうと開けてみると、金の背景に武将たちが合戦をしているところの絵が描かれており、骨董品に疎い私たちはどれくらいになるんだろうと想像してみました。
2人の意見は2000万くらいじゃないのか?と冗談いいながら整理していると、奥から10個くらいの屏風が出てきました。
私たちは使わないし、悩んだ挙句骨董品買取業者に査定に出してみました。
査定に来ていただいた人は、すごく悩んでいましたが、出した結果が1本20万円でした。少し残念でしたが、このまま持っておいても価値は上がらないだろうし、使いもしないので、買い取ってもらい先祖様たちにお礼をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です